戦略的ブランドデザインイメージ

戦略的ブランドデザイン

ブランドデザインとイノベーション

そこで、個々のブランドにおいては製品に打ち出した価値観・世界観などが、消費者に受け入れられるものであるかどうかといったデザイン戦略に対する定期的な見直しが行われ、パッケージのデザインやホームページのデザイン、コマーシャルデザイン、セールスコピーなど消費者の視覚や聴覚にふれる部分からのイノベーション(:革新)が行われています。

イギリスのある雑誌社の例をあげると、政治・経済部門でトップクラスの売上を占めていたエコノミー雑誌の読者離れが進んだために、市場調査を行ってインサイト分析が行われました。

この雑誌は世界中の政治・経済の情報が掲載されているものですが、中でも話題となっている企業への徹底取材が売りで、ターゲットとしている消費者層は40代~50代の会社経営者や管理職などですが、実際の読者には若年層の上昇志向の強い、将来の会社経営者や管理職などを目指すビジネスマン達も多いと言われています。

そして彼らはこの雑誌から世界の政治・経済情報を得て、同僚だけでなく上司とも同レベルの会話ができる自分を目指しているようです。

けれどもインサイト分析を深めるに従って、「知識を豊かにして自分の内面を充実させたい」という意識以上に「自分がこの雑誌の愛読者であることを周囲に見られたい」、つまり「知識が豊かで、内面的にも充実した人間であるように思われたい」、「周囲の人たちから尊敬されたい」という願望が強いということが分かってきました。

インタビューでは「自分を高めたいから......」という意味合いの強かった言葉の端々に、もう1つの本音があるのを読み取り、これを広告コンセプトとした新たなブランドデザイン戦略を展開することによって、この雑誌は半年で売上が倍増したのだそうです。

既存の読者以外にもたくさんいた、同じような意識をもつ人たちの価値観との連動に成功し、かれらの心に「欲しい」という感情を目覚めさせることのできた例だと言えます。

戦略的ブランドデザイン区切り線

戦略的ブランドデザインは、ネーミングについて解説しています。

戦略的ブランドデザインPick!:ブランドデザインと個性

私たち消費者の家の郵便受けには、望む、望まないにかかわらず毎日のようにチラシやダイレクトメールなどが届けられています。 さらに最近では、郵便ではなくより容易なメールという手段で送られてくる広告も多くな・・・・

ページの先頭へ戻る